Apple、HTML5を使用したモバイル広告「iAd」を7月1日開始


Appleのモバイル広告ネットワーク「iAd」、7月1日に配信開始 (マイコミジャーナル)

Appleは2010年6月7日、開発者向けイベントのWWDC 2010において、モバイル広告ネットワーク「iAd」を7月1日より開始すると発表しています。

iAdはiPhoneなどiOS 4 (旧名称:iPhone OS) 搭載の端末向けの広告ネットワークで以下のような特徴があります。

  • 従来のアプリ内広告とは異なりブラウザなどに遷移することがなく、簡単にアプリに戻れる
  • フルスクリーン・ビデオなどテレビ広告の表現力とWeb広告のインタラクティブ性
  • 広告コンテンツの制作にはHTML5を使用する
  • iAdを掲載したアプリには売上げの60%が配分される

日産やディズニーなど、2010年だけで6000万ドル (約54億円) を超える売上を見込んでいるそうです。