圧縮された難読なJavaScriptでも元ソースを表示しデバックしやすくする「Source Maps」


圧縮後のJavaScriptやコンパイル後のCoffeeScriptでも、ブラウザ上で元のソースを参照できる新技術「Source Maps」登場 (Publickey)

圧縮ミニマイズされた難読なJavaScriptでも、オリジナルの元ソースを表示しデバックしやすくする「Source Maps」が紹介されています。

現時点ではミニマイズのツールはClosure Compiler、ブラウザはChromeの開発版が対応していて、Firefoxも導入を検討しているようです。

またRuby/Pythonに似た文法でJavaScriptを書けるCoffeeScriptや、CSS拡張メタ言語のSASSやLESSなどの、コンパイルを必要とするスクリプトにも対応しているようです。